カメラレンズの種類

一眼レフカメラと呼ばれるカメラの特徴として、本体であるボディーとレンズが別々になっており、自由に取り外しのできる構造となっていることが大きな特色です。この構造の特徴は、カメラの被写体に対し、レンズを付け替えることによって、さまざまな距離や角度または特色のある写真を撮ることができるのです

女性カメラを撮影する用途によって、様々なカメラレンズが存在していますが、その種類は大きく分けて標準レンズ、広角レンズ、望遠レンズの3種類に分けることができます。また、焦点距離が固定されているものは単焦点レンズと呼ばれ、自由に焦点移動できるものをズームレンズと呼んでいます。さらに、広角レンズや望遠レンズもその高いスペックにより、超広角レンズや超望遠レンズと呼ばれるものもあります。広角レンズは、標準レンズに比べると焦点距離が極端に短く焦点深度が広く、標準レンズと同条件ではピントが合う範囲が、非常に広いということがその特徴でスナップ写真などの接写に向いています。

望遠レンズは、その名のとおり、望遠鏡のように遠くの景色などを撮ることに長けたレンズで、広角レンズに比べると遠近感に乏しくなりますが、風景画などの全景を撮るには非常に適したレンズと言えるでしょう。