カメラレンズの構造

カメラが発明された当初、カメラレンズは1枚のレンズを使用した単丸レンズが用いられていましたが、色ぼけやゆがみの差が大きく、その影響を減らすために口径を小さくしていきました。しかし、値を大きくすると露出の時間を長くしなければならないという問題が生じ、このために複数のレンズを組み合わせることによって、これらの問題をなくし、鮮明な写真を撮ることのできる画期的なレンズが開発されていきました。
F
レンズこれらのカメラの構造は、様々なレンズを生み出し、カメラ映像の世界を大きく発展させていくことになりました。カメラレンズの種類は、凹凸レンズの組み合わせによって、さまざまなレンズに分類されています。レンズの組み合わせは、凹凸レンズの枚数やその配置によってさまざまな種類があり、現在はほとんど使われなくなったような構造のレンズも存在しています。

カメラレンズの構造の種類によって、トリプレットレンズ、テッサーレンズ、ヘリアーレンズ、クセノターレンズ、ダブルガウスレンズ、ゾナーレンズ、望遠型レンズ、逆望遠型レンズ、反射望遠レンズなどがあり、これらの技術は顕微鏡や望遠鏡の技術としても、医学や天文学の分野でも大いに利用されています。