カメラレンズの世界

カメラに使われているレンズの素材は、ガラスまたは有機素材などのプラスチックなどが、これらの光学素材の材料として使われています。レンズの名前の由来は、日本ではほとんどなじみの薄いヨーロッパの特産物であるレンズ豆からきており、最初につくられたレンズの形状からこの名称がつけられたとされています。

女性レンズの原理は、ピンホール現象から得られたもので、物体は様々な角度から光を乱反射していますが、この乱反射を非常に細かい穴1点に到達する光のみを通すことで、物体の映像を映し出すことのできる仕組みをいます。このピンホールは、細ければ細いほど詳細な画像が得られますが、人間の目も同じ原理で目を細めることでモノがよく見えるのは、こうした絞りの調整を行っているからなのです。カメラレンズの世界は、人類の文化と科学の発展に大きく寄与してきました。遠くのものを間近で見られるレンズは、カメラの望遠レンズに使われ、双眼鏡や望遠鏡の技術に多大な貢献を果たしました。また、小さなものを拡大して見られることで、微細な細菌やウイルスの発見につながっていくのです。

カメラレンズには、基本的にピント合わせと呼ばれる焦点調整と、絞りの構造が組み込まれていますが、このカメラレンズのスペックは口径比と焦点距離、つまり「F値とmm」によって表されるものです。簡単に言えば、F値が小さければ小さいほど明るいということになり、同条件下では素早くシャッターを押すことができます。